バッグの修理 持ち手のつなぎ目

当工房で修理した作業の紹介を致します。



BAG持ち手と本体のつなぎ目部分の修理。

どうしてもここには力がかかるので、

よくご依頼を受ける修理でございます。



こちらのバッグの場合は

本体側のダメージはありませんでしたので

持ち手側のみの作業でした。



しわ加工のの無い黒い革が修理した部分です。

(もともとの素材に対してどのような革を使うのかは毎回とても悩ましいです。。。)






ほぼ違和感なく仕上がったと思います。(自画自賛)




これで無事作業完了。



とは、致しませんよ!!!






今回、切れていたのは一か所のみでしたが、

トートバッグ型の持ち手は2本あります。

それぞれ BAGとのつなぎ目は二か所。

合計四か所の作業をして、無事完了ですね。


修理のご予算によっても異なりますが、

同じような場合は4か所(同じ仕組みの全部の個所)の作業をおすすめします。

*仕上がりが綺麗
*他の部分も同じ症状が出る可能性が高い為



このバッグのお客様曰く「大変に満足!」との事でした!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加