バッグ修理 「持ち手+ふた補修」3

今回はバッグの持ち手とふたの補修の修理です。



前回のつづき


分解したふた部分の補強作業を行います


先ず、取り外した鉄板の交換をします

鉄板の型紙作成
もともとの鉄板と同じ大きさだと、


また同じ所に負担がかかるので、ヒトマワリ大きめの型を作ります


型紙に合わせて新しい鉄板をつくります

金属用のこでギコギコ

カドもしっかり面取りします
一生懸命に作り上げた新しい鉄板を型紙の位置に固定して


ボロボロの紙の代わりに、床革(両面ウラの牛革)を入れて


しっかり貼り合わせます


見た目にもコシが戻ったような印象です
つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加