ランドセルのリメイク(考え方)

ランドセルのリメイクについて


6年間ありがとう

革工房Kではランドセルのリメイクのご相談を承っております。
    (革工房Kホームページランドセルリメイクのページはこちらから)


ランドセルに限らず、愛着のあるモノ、思い出のあるモノ、


どうしても捨てるわけにはいかない品物は『素材として』様々なアイテムに


生まれ変わりますので、お気軽にご相談下さい。




ランドセルリメイクにあたっての当工房の考え。

修理、リメイクの際に、よく聞かれる質問があります。

「このランドセル(BAG)は革ですか?」

わかる範囲でお答えを致しますが、「本革」ではない場合が少なくはありません。

『本革』と『合皮(合成皮革)』似てはいるけど全く違うモノですよね。

当工房で作る革製品はもちろん全て本革ですし、

合皮に関しては、どこで売ってるかもよく知らないわけですが、

修理やリメイクの加工をするにあたっては、「どっちでもいい」というのが本音です。

要は

「そのランドセルへの愛着や思い出はどの素材でも同じ。」

と考えておりますので、

どのようなランドセルでも、心をこめて作業をさせていただいております。

リメイク後の耐久性や強度はその素材によって大きな差が出てくるとは思いますので、

その点の可能性も考慮しながら、ご提案とご案内をさせていただいております。

残念ながら当工房ではミニランドセルは作れませんので、

ご希望の方には、お付き合いのあるミニランドセル専門の業者様をご紹介いたします。



「感謝の気持ちをかたちに」

ランドセルへの感謝。

6年間分のご両親への感謝。

おじいちゃん、おばあちゃんへの感謝。

それぞれのランドセルに込められた、色々な「感謝」を「かたち」にする。

そんなお手伝いができれば幸いでございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加