キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その①

キャリーバッグの修理その①

革ではない素材でも、出来そうなものであれば承ります!


修理のご依頼をいただいたのは

こちらのキャリーバッグです

見た目は綺麗ですが

ファスナーが壊れています・・・。

つまみ(スライダー)の部分がかけてしまっています。







本革ではない素材のモノも
(合成皮革、布など)

何とかなりそうな工程のモノであれば

基本的には承っております。

詳しくはこちらをご覧ください
「修理についてのご案内」


さてさて、

今回はプラスチック製の

キャリーバッグの修理ですが

要は

ファスナーのスライダー交換と言う事で

作業を進めて参ります!

(後にこのスライダーに悩まされるのですが・・・。)


いつものように

分解していきましょう!


先ずは交換するスライダーを外す為

レールの先端まで辿り着かなくてはなりません。


何処を分解すればよいか

BAG全体をなめまわすように

観察していきます
内側から見た画像

カシメのフタを外した状態

外からひっこ抜きます

三か所のカシメ(鋲)で

バッグの表裏がつながっています。

毎回登場の

「ネジザウルス」を使って

カシメを外していきます。





そして

このようにファスナーの先端

見えてきました



壊れているスライダーを外します

あとは、

このスライダーと同じ大きさのモノ

用意して交換すれば

無事に作業が終了。


となるはずでした・・・。


ここから、

予想より悩ましかった

スライダー探しが

はじまりました・・・。。

つづく






関連記事をまとめてみました

キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その①

キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その②

キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その③

キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その④
このエントリーをはてなブックマークに追加