ブランドバッグの修理 その①

今回はBAG(ポーチ)修理をご案内します

ブランド品も承っております



先ず初めに

「BAGの修理の考え方」

こちらをご一読くださいませ。


当工房では

「革工房K」の品物に関わらず

様々な修理を承っております。

『もう一度使えるように☆』

の考え方に寄るモノです。


とは言え、

正規店ではない当工房が

手を加える事により

「ブランド」としての価値は無くなってしまいます。。。


修理をご検討の際は

この「ブランド」についても

よくご検討下さいませ。 


さてさて、今回ご依頼をいただいたのは





こちらのBAGです。
(ポーチ)


ご覧の通り

ベルトを通すループが

無くなっております。。。


と言う訳で、

このループを製作致します!








人気の高い「あの」ブランドのBAGですが

画像奥側の残っている「ループ」の素材は

牛革(タン色) で

使っているうちに味の出てくる

『ヌメ革』でございます。
(ヌメ革にも種類が沢山ありますが・・・。)


同じように

新しく作るループも

「ヌメ系の牛革」を使用します。
(当工房で常時使用している栃木レザー)






『色の差』がありますね・・・。

同じタイプの革でも


長年ご愛用した革と

おニューの革が


同じ色相いになるわけがありませんね。


そんな時の対処法は
こちらになります。



水で濡らす

磨く

左が加工前 右が磨き加工後

  1. 水で濡らす
  2. 表面を磨く


三つ目の画像の

左右の差がわかりますでしょうか。

若干ですが

色が濃くなりました。

この見た目の差だけでなく

今後の変色のしやすさにも

効果が期待出来ますので

おニューのままよりも

全体のバランスを整える事が出来ます。



つづく




今回は

「片側のみの修理依頼」でしたので

上記の様な方法となりました。

ご要望やご予算に応じてのご案内を

心がけております☆


BAGの状態やデザインによっては

故障してない方も一緒に交換

を勧める事も多くございます。




ブランドバッグの修理 その①

ブランドバッグの修理 その②

このエントリーをはてなブックマークに追加