ビジネスバッグの持ち手の修理②

持ち手の構造にビックリ!




先に分解した

持ち手から製作した

型紙がこちらです。




上から順番に
  • 金具と繋ぐ部品
  • 厚さとデザインの為のアンコ
  • 上下の表になる部品×2
  • 段差の解消と補強の部品







型紙に合わせて

革を裁断をします



この何層ににもなる

革の部品を

まとめて縫い合わせれば

基本的には

完成しますが




デザインと握りやすさの

凹凸をつけるので

  1. 貼り合わせる(仮)
  2. 縫う為の穴をあける
  3. 一度はがす
  4. あんこを挟む
  5. まとめて縫う 

の工程を進めていきます

穴のあいた上部の革
中に革を貼り凹凸をつける 


先にもお伝えした

何層にもなる構造の

革を

まとめて縫い合わせていきます


それぞれに

縫い穴をあけるのではなく
 
仮に貼り合わせた上で

穴をあけているので

何層になってしまっても

縫う事が出来ます☆
(もちろんとても硬いので
 なかなかの縫いにくさではあります)




さぁ、
いよいよ完成は
もうすぐですね!




つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加