切れた部分の交換修理②

BAG修理

切れた部分の交換修理②



今回、交換する場所は

BAGの持ち手

BAGのフチの部分ですが

持ち手の方は

元通りに近いサイズになる様に

外したパーツをもとに

型紙を製作します。


ご依頼を頂いた

大切なBAGでございますので

これからも

長くお使いいただけるように


『補強』もしながら


作業を進めて参ります


「見えない所への気配り」

とも言えますが

当工房では

基本的には

どの修理の際も

最善の方法、最善の作業を

心がけております(*^_^*)



さて

『補強』ですが

先の画像の型紙を

今一度しっかりご覧下さい。

型紙が二重に

なっている事にお気付きでしょうか?

小さい方はもとの大きさ

大きい方は新しいサイズです

もともと

持ち手がつていた所には

これまでの負担がダメージとして

蓄積されている可能性がある為

見た目に支障がない範囲で

ひとまわり大きくしました☆



さらに、さらに

これまでは無かった

内側のアテも

補強として付ける事にしましたので

二本の持ち手の左右に

それぞれ番号をつけ

慎重に穴をあけ

新しい持ち手の

下準備を進めました☆




つづく
 




このエントリーをはてなブックマークに追加