切れた部分の交換修理③

BAGの修理

切れた部分の交換修理③


先ずは

持ち手の部分を

補強のアテと一緒に

縫いつけます





先の作業で

番号をつけておいた通りの

組み合わせにより

穴のズレ

最小限になりますので

無駄なヨレや張りが

生じることなく

縫いつける事が出来ます。










フチの部分も

交換となりますが

先ずは下ごしらえです


サイズ(幅)を測って

画像の様な

帯状の部品

製作しました。

その全長も

ある程度の予想を立てて

準備をしました

実際には縫いつけながら

ひとまわりした結果で

微妙に長さ

違ってきますので

そこは

縫いながらの
微調整

という仕上げとなりました




つづく







このエントリーをはてなブックマークに追加