革の腕時計の修理

 革の腕時計を修理


ビフォー
今回ご依頼いただいたのは

レザークラフトのリストウォッチ

ベルト部分の修理です。



画像の通りに

止める構造が

根元から切れて

使用できなくなってしまいました。




切れてしまっている部分が

本体の革を
折りまげた箇所

であった為に

構造の変更をふまえて

最適な方法を検討しました











無事に完成

違和感なく金具が戻りました
経年変化を予想して「タン」での作業



  • 品物の構造
  • 革の色や質感  

お客様には

可能な限りの説明をして

こちらで一方的に決めずに

最善の方法を心がけております。



今回の様に

『構造が変更になる場合』

『初期の色合いに差がある場合』

その構造的な理由と

経年変化による変色の可能性を

しっかりと丁寧に説明する事を

心がけております。





色々な作業のご相談は

いつでも承っておりますので

お気軽にご相談下さいませ。



[広告] 靴のクリーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加