ラウンドファスナーの長財布の修理①

ラウンドジップの修理



今回は

ラウンドファスナーの

スライダー交換を

詳しくご紹介します。



使いやすく人気の高い

ラウンドジップのウォレットですが

常に開閉するファスナーには

どうしても負担がかかります。



その壊れ方によっては

ファスナー全部交換となり

かなり大がかりな修理となりますが

スライダー部分のみの交換で

改善する事も多いので

諦める前に

修理の出来るお店に

相談してみる事が

イイと思います☆


ホームページ『革工房K』で検索!
(宣伝ですね☆)







さて、お財布を見てみましょう



パッと見ではわかりにくいですが

何かが変ですね。



本来しまっているはずのファスナーが
両方開いてしまっています・・・。



 一瞬で直るかも?




---------------------

関連記事

ファスナーの修理

(自分で出来るかも?) 

---------------------





今回は直りませんでした・・・・。

不具合の原因は

スライダーの開き
(一瞬で直せる故障)

ではなく

スライダーの擦り減り
(再生は不可能)

だったので

スライダーの交換修理


を選択する事になりました




作業開始


ファスナーのレールを

引っ張り出します

ファスナーレールだけを

確実に掴んで

無理をし過ぎない力で

引き抜きます。


ノリや両面テープで

固定されている場合が多いですが

強引に引っ張らないで

構造をよく観察する事が

重要です!

(構造によっては抜けない場合もあります)
(本体と縫い止めの場合は抜けません)

無事に引き抜けました

問題のスライダーを外します


つづく




----------------
ファスナー関連記事
----------------
他の症状の
ファスナーの修理も
ご紹介しておりますので、
 当ブログの 
をどうぞご参照くださいませ

[広告] 靴のクリーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加